キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 婚約指輪の歴史 : 婚約指輪ミニ知識

婚約指輪の歴史

婚約指輪ミニ知識

婚約指輪を贈るようになった意味と歴史について、説明します

婚約指輪の歴史

婚約指輪の習慣が生まれたのが、いつ頃かご存知でしょうか。

婚約指輪の歴史は古く、紀元前1世紀頃のローマが発祥の地だそうです。

ローマが発祥と聞くだけで、何だかロマンチックな印象を受けてしまいますね?その当時は、現代と違って、婚約が何よりも尊いものであり、「あなたと結婚します」の聖なる誓いを込めて、鉄の輪を贈る習慣があったのです。

その誓いの鉄の輪が、いつの頃からか、金製の指輪となり、中世初期には、その金製の指輪に宝石が付いた指輪となりました。

また、キリスト教徒たちによって、婚約指輪を贈る習慣が世界各国へ広げられ、婚約指輪は、現代の形へと進化を遂げていくのです。

明治になると、日本は外国との貿易が開始され、西洋文化が次々と入ってきました。

婚約指輪の習慣も、日本独自の伝統と西洋の文化が巧く融合され、結納品として“結美和(ゆびわ)”を贈る習慣が誕生したのです。

日本にキリスト教徒たちが宣教師として入国していなければ・・・もしかしたら、日本には、婚約指輪という言葉も、誓いの指輪を贈る習慣もなかったかもしれません。

男性の皆さん!愛を誓える女性に出会われたら、誓いの指輪を贈ることを、忘れないで下さいね。

お問合せメール

お名前

本文